高血圧患者の血圧降下

H37-BP-Meta-Analysisこのメタ分析は、公表文献から抽出したストレス軽減および血圧に関する107件の研究が対象となっています。このうちの17件の研究は、綿密に計画された無作為化比較試験としての標準条件を満たしており、総計960人の被験者の間で23種類の治療法が比較され、高血圧患者の治療法の分類ごとに複数の研究がなされています。これらの研究の中で、高血圧患者の血圧降下に対して統計的に有意な影響があるのは超越瞑想だけであることが分かりました(p=.0002)。Ref.Current Hypertension Reports 9: 520–528, 2007. voor volledig artikel click hier

メタ分析:収縮期血圧の降下

収縮期血圧の降下この研究は、超越瞑想が血圧に与える影響に関する、公表されたすべての無作為化比較試験の結果を調査したメタ分析であり、対象となった研究は9件、被験者は711人でした。その結果、超越瞑想には、収縮期血圧を下げる統計的に有意な効果があることが確認されました。最も綿密な調査計画が立てられた3件の研究に範囲を限定すれば研究結果の有意性がさらに少し高まり、超越瞑想は血圧に対してかなりの影響があることが重ねて示唆されました。Ref.American Journal of Hypertension 21: 310–316, 2008

心臓病患者の収縮期血圧の降下

H35-Reduced-Blood-Pressure-CHD安定狭心症の患者を対象としたこの無作為化比較試験で、超越瞑想を16週間実践した被験者は、心臓の健康に関する講習を受けた被験者と比較して、収縮期血圧の有意な降下を示しました。「メタボリック症候群」は、肥満症、インスリン抵抗性、脂質異常症をしばしば併発しますが、高血圧もこの症候群の構成要素の一つです。メタボリック症候群は心血管疾患の罹患率や死亡率の危険因子です。Ref. Archives of Internal Medicine 166: 1218–1224, 2006

高血圧の緩和

H15-High-Bld-Pressure 超越瞑想を学んだ高血圧患者は、3カ月実践した後、他のテクニックを実践した患者や、食事と運動を通して血圧を下げる方法を学んだ患者と比較して、収縮期および拡張期血圧の有意な低下を示しました。Ref.Hypertension 26: 820–827, 1995

メディアの報道

日本では5万8千人が超越瞑想を学んでいます。

TMを実践してから自分と向き合う時間を持つようになり、少しずつ自分の変化を感じています。例えば、苦手だと思っていた人と穏やかな時間を過ごせていたり、頼みごとが苦手だった私が「一度言ってみよう」と自分の思いをアウトプットできていることです。専業主婦ですが、人との出会いも広がり、人生観も大きく変わってきました。とても嬉しいことです。

土井むつみ(主婦・和光市)


感情というのは、頭で分かっていてもなかなか変えられるものではありませんが、瞑想すると感情がよい方向へと変わります。心がとても満たされるので、感謝の気持ちや愛情が自然に現れるのです。一方、頭脳はとても明晰になります。まさに脳全体が活性化されているようです。

中山 学(教員・川口市)


超越瞑想は、なにか困った時も、すべての問題の答えがいつも自分自身の中にあると気づかせてくれます。苦しむことではなく、あるがままに、自然に生きることはとても大切で、とても簡単なことだと知りました。これからも、瞑想と共に過ごして生きたいと思います。

村上章子(会社員・京都府八幡市)


TM(超越瞑想)を実習していて感じる効果は、ストレスに対しての耐性が徐々に強くなっていく事です。特に、仕事が忙しい時に、この効果を実感しています。また、TMをしていなかった時と今の自分を比較するといいかげんだと感じるくらいにのんびり屋(楽観的)になっています。

高橋健治(会社員・大阪府)