デヴィッド・リンチ:真の幸福は内側にある

David Lynch映画監督として有名なデヴィッド・リンチは、40年以上にわたって、一日も欠かすことなく超越瞑想を実践してきました。彼の伝説的な創造性は、瞑想の実践のたまものであるとリンチ監督は語っています。
「私は、朝に一回、夕方に一回瞑想し、それから仕事に取りかかります。その結果、行動する喜びが、言葉では言い表せないほど大きくなります。意識の容れ物が拡大するにつれて、理解力は高まります。創造性、問題解決力、直観が成長します。そして、その副産物として、否定的なことが遠のいていくのです。」

数年前、彼は、米国アイオワ州フェアフィールドにあるマハリシ・スクールの学生達の演劇を見て、深い感銘を受けました。そして、もっと多くの子供達に、創造的な潜在力を開発するチャンスを与えようと決意し、2005年にデヴィッド・リンチ財団を設立しました。

この財団は、超越瞑想を必要としている人々が瞑想を学ぶことができるように経済的支援を提供しています。これまでに、デヴィッド・リンチ財団は、世界中で、25万人以上の学生、退役軍人、受刑者、PTSDに苦しむ人々に、超越瞑想を提供してきました。デヴィッド・リンチ財団の活動については、こちら をご覧ください。