ローラ・ダーン:どの瞬間にも、大きな心の平安がある

LauraDern2映画「ブルー・ベルベット」や「ジュラシック・パーク」に出演した女優ローラ・ダーンは、人生の半分近く超越瞑想を実践してきました。人生の様々な困難に直面したとき、友人からさまざまな薬を勧められましたが、ローラはいつも薬ではなく瞑想を選んできました。

「瞑想をすると、静けさと休息と忍耐の場所を見つけることができて、体の活力と心の集中力が増す」と話しています。また、ローゼンタール博士の著書『トランセンデンス』の中で、彼女は「TMによって自分の非を素直に認められるようになった」と話しています。

「超越瞑想をしていると、自分の弱点があまり気にならなくなりました。なぜなら、どの瞬間にも、より大きな心の平安があるからです。誰かが『君がそう言ったので僕はすごく傷ついたよ』と言ったときでも、相手の言い分を素直に聴いてあげるようになりました。それというのも、TMによって、耳を傾け、目撃し、自分自身の中心に戻るという毎日のリズムを実践しているからです。」