ナオミ・ワッツ:瞑想は心を落ち着かせる

2001年にデヴィッド・リンチの映画『マルホランド・ドライブ』の主役に抜擢され、一躍有名になった女優ナオミ・ワッツは、超越瞑想を毎日の日課にしています。彼女は、『グッド・ヘルス誌(2013年4月号)』の記事で、有名人としての忙しい生活を安定させる日々の日課について次のように話していました。

「瞑想して、自然豊かな田舎で過ごすようにしています。外に出て木や水のある場所で過ごしたり、海の潮風の中で眠るのが大好きなのです。私は超越瞑想をしていますが、瞑想すると、心が落ち着いて安定します。」