ポールマッカートニー:超越瞑想は一生の贈り物

Paul McCartneyビートルズのメンバーは、1967年に超越瞑想を学びました。そして今なお、彼らは瞑想を続けていて、公の場でTMを支援しています。

2009年に、デヴィッド・リンチ財団が主催したチャリティーコンサートの記者会見で、ポール・マッカートニーは、リンゴ・スターと一緒にステージに立ち、次のように語っていました。

「超越瞑想は、マハリシが私たちに与えてくれた素晴らしい贈り物です。60年代の終わりに、自分を安定させる何かを探し求めていたときに超越瞑想と出会いました。それは一生使える贈り物であり、必要なときに使うことができるものです。」

その後に行われたデヴィッド・リンチとのインタビューで、ポール・マッカートニーは、デヴィッド・リンチ財団を支援する理由について、次のように説明していました。

「子供たちは瞑想が大好きです。ウェストバンクの子供も、ブラジルの子供も、瞑想を喜んで行っています。超越瞑想は、誰もが必要としているものです。人びとは高潔な話を必要としているのではなく、実際の効果を必要としているのです。」