心から安らぎを感じます。

experience_1a_woman_02「安心していられる」

自他共に認めるところですが、TMを始めてから私もずいぶん変わりました。一番変わったと本人が感じていることは「安心していられる」ということです。

TMを学ぶ前と同様に今でも、いろいろ迷ったり、悩んだり、笑うしかないような大失敗もいっぱいしますが、そのままの自分を安心して見ていられる感じです。それは、起こることはすべて私に必要で、良いことなんだという無意識の肯定性からくるもののようです。

思いっきり未熟な私ですが、それでもとても自分がいとおしく思えます。その分だけ、人をも愛おしく思えます。素晴らしいご縁もいっぱいいただき、いつも助けられていることもあり、心から安心感や幸福感が強まっています。(会社員・女性)
 

experience_4a_woman_11「ゆとりと自信がでてくる」

TMを始めてからは仕事に対する考え方も、体調もずいぶん変わってきました。長年、助産婦として働いてきましたが、人の命をあづかっているという気負いもなくなり、気持ちが楽になりました。

落ち着かないときには、出産待ちの合間に瞑想をします。そうすると不安や緊張感がとれて、ゆとりと自信がでてきます。それがお母さんたちの安心感となり、安産につながります。そんな余裕が仕事を順調にし、開業の目的だった「助産婦としての可能性を地域で最大限に生かしたい」という夢が実現しつつあります。(TM歴15年・助産婦・46才・北海道)
 

experience_4a_woman_08「恐怖心が消え去る」

瞑想を始めて6年になりますが、ついていくのが大変なほど、めまぐるしい変化が起こりました。細かい変化では、木々の緑や花、野菜などが、とても鮮やかに命あるものとして目に映るようになったことが挙げられます。

また、大きな出来事としては、サラリーマンだった夫の独立、撤退、母の病気の再発、闘病、そして母の死を経験しました。私自身もアトピーの治療のため、長年塗っていたステロイド軟膏が表面からあふれ出して、ずいぶん苦しい思いをしました。「何でこんなに、しんどいことばっかり起こるんやろう?」と眠れない夜もありました。でもある時気がついたのです。あんなに恐がりだった自分がいつの間にか、図太くお気楽な性格になっていることに。

私は小さい頃から、いつも兄が父に叱りとばされるのを見て育ってきたせいか、父のことが恐ろしくてたまりませんでした。父に叱られないように、一生懸命勉強して、良い大学に行き、一部上場企業に入社しましたが、常に恐怖心から行動していたので、「生きているんだ」という実感に乏しかったようです。

しかし、TMを始めてから、いろいろな試練を夫と一緒に体験していくうちに(夫もTMをしています)、私を支配していた恐怖心がどこかに消え去り、起きていることにはすべて意味があるのだと、自然に思えるようになってきました。自分のしたいことをし、今では楽に軽~く生きているという感じがします。これからも、どんな自分でも受け入れ、愛していく、そんな生き方をしていきたいし、TMをしていれば意識しなくても自然にそのような生き方ができるように思います。(TM歴6年・ライター・女性・大阪)

 
TMで人生はどう変わる?──体験談
エネルギー幸福感安らぎ集中力成長創造性自分らしく人間関係問題解決願望実現仕事の業績生きる喜び若々しさ酒・タバコ健康的生活