ラッセル・ブランド:自分自身の存在という感覚

英国や米国で成功を収めているコメディアン、ラッセル・ブランドは、2009年に超越瞑想を学び、それ以来、熱心に瞑想を続けています。ラッセルがTMを学んだ目的の一つは、超越を体験することでした。

「時間を超えたもの、自己に対する古い理解を超えた、自分自身の存在の感覚を発見したいと思っていました。超越しているときには、過去と未来が溶けてなくなっていく感じがします。僕がこれまでドラッグやアルコールの依存症にかかっていたのは『自己を無にしたかった』からです。だから、瞑想によって自分を傷つけずに無を体験できるという考えに魅力を感じました。そして、それが瞑想によって実現したのです。」

ラッセル・ブランドは、デヴィッド・リンチ財団の慈善イベントに定期的に参加し、問題を抱えた人々に超越瞑想を提供する活動を支援しています。
 
英語