シャロン・イズビン:レーザーのように注意を集中できる

クラッシック・ギターの第一人者として認められているシャロン・イズビンは、17歳のときに超越瞑想を学び、それ以来、毎日規則的に瞑想を行っています。

「超越瞑想の実践は、音楽家、編曲者、教育者、作家、美術監督としての私の創造性を刺激し、インスピレーションを与えてくれます。また超越瞑想は、ストレスやイライラを効率的に取り除いてくれるので、集中力が高まり、どんな仕事をしていても、レーザーのように注意を集中することができます。

瞑想すると、自分自身の内側にある創造性の核に触れ、音楽を通じてそれを表現することができます。最も重要なことは、瞑想によって、瞬時に『宇宙に浸っている状態』に入ることができるということです。ステージで演奏するときは、瞑想のような状態になり、私と聴衆が一つになるのを感じます。その一体感の中で、すべての人が一緒になって音楽の素晴らしさを体験しているのです。」