ヨーガのフライングの社会的影響に関する研究

D10-Red-Region-Confl_Prog-地域紛争の減少と平和に向けての大きな進展

1978年10月〜11月にマハリシの世界平和プロジェクトが開催された期間、マハリシのTMシディプログラムの熟練者たちが東南アジア、中東、南アフリカ、中央アメリカなど世界中の紛争多発地域に派遣され、ヨーガのフライングをグループで実践することにより沈静効果のある影響力を生み出しました。第三者のデータバンクから入手したデータを分析した結果、この期間にはプロジェクト開始前の基準期間と比較して、それらの紛争地域およびその紛争に関与する国家間における敵対的行為が減少し、協調的出来事が増大していたことが確認されました。 Ref.Scientific Research on Maharishi’s Transcendental Meditation and TM-Sidhi Programme: Collected Papers, Vol. 4 : 2532–2548, 1989