ヨーガのフライングの社会的影響に関する研究

D11-Reduced-Hostil_Inc-Coop 国家間の調和の増大:敵対行動の減少と協調的出来事の増大

1978年10月〜11月にマハリシの世界平和プロジェクトが開催された期間、マハリシのTMシディプログラムとヨーガのフライングの熟練者のグループが、東南アジア、中東、南アフリカ、中央アメリカなど世界中の紛争多発地域に派遣されました。第三者のデータバンクから入手したデータを時系列分析した結果、この平和プロジェクトの期間には国家間の敵対的行動および言動が有意に減少するとともに協調的出来事が有意に増大したことが明らかになりました。この地球規模の影響力が生じた原因は、世界の主要な紛争地域に集まったTMシディプログラムの熟練者のグループがそれぞれの地域で影響力を発揮していた事実にあると考えられています。Ref.Scientific Research on Maharishi’s Transcendental Meditation and TM-Sidhi Programme: Collected Papers, Vol. 4: 2532–2548, 1989