ヨーガのフライングの社会的影響に関する研究

D19-Incr-Positiv-Intl-Confl国際紛争の状況下の出来事の肯定性の増大

「ユートピアの味わい」の大会が開催された3週間の期間は、大会前の3週間と比較すると、報道記事の内容分析が示すように、世界の紛争多発地域での肯定的出来事と否定的出来事のバランスは、肯定的出来事がより多く起こる方向へと有意な変化を示しました。この出来事のバランスは、大会が終了すると3週間で、否定的出来事がより多く起こる以前の状態に逆戻りしました。このようにバランスが変化する傾向は前年の同じ期間には見られませんでした。Ref. Scientific Research on Maharishi’s Transcendental Meditation and TM-Sidhi Programme: Collected Papers (Vol. 4, 1989, pp. 2730–2762)