『タイム』誌:超越瞑想は心臓に有益

『タイム』誌のオンライン版(2011年11月4日)は、米国の国立衛生研究所(NIH)と共同して行われた異例の研究に関する記事を掲載しました。この研究は、201人の心臓病患者を5年間にわたって追跡調査しました。TMを学んだ患者のグループは、対照グループと比較して、心臓発作、脳卒中、死亡の発生件数が48%少ないことがわかりました。TMの実践を規則的に行った患者ほど、その効果が大きい(上記の発生件数は、実践が不規則だった患者では43%少なく、規則的に実践した患者では61%少ない)こともわかりました。詳細は『タイム』誌の記事 全文を参照してください。